香典返しも簡単チョイスでラクラク〜お返し準備スキルUP〜

贈り物

カタログを選んでみる

引き出物

今話題になっている引き出物にカタログギフトがあります。カタログギフトはカタログから欲しいものを選ぶ事ができるだけでなく、持ち帰りがとても楽ちんなのです。また、クオカードがついてくるカタログギフトもあります。

詳しくはこちら

本来の意味と品物

内祝い

昔と今とでは内祝いの意味がちょっと違ってきています。ですが、違っているのは意味だけではありません。選ばれている品物の種類も違ってきているのです。最近だとカタログギフトが選ばれているのです。

詳しくはこちら

楽しく選ぶ

グルメ

今支持されているカタログギフトですが、実用品だけでなくグルメのカタログギフトもあるのです。グルメも人それぞれ好き嫌いがあるので、カタログから好きなグルメを選べるのはとてもありがたいです。

詳しくはこちら

お返しについて

香典返し

お葬式の際のお返し

身内が亡くなった際にはお葬式を行ないます。現代では家族葬や密葬などが普及していますが、故人の頼みから多くの人に参列してもらうこともあります。お葬式に参列してもらった人達には、香典返しをする必要があります。香典返しの香典には、故人の霊前に備える金品の事を指します。つまり、香典返しは頂いた金品のお返しということになるのです。関西地方では満中陰志とも言われています。そんな香典返しは、一般的に四十九日が過ぎてから、つまり忌明けに渡すのです。宗教によって香典返しの時期が違う、または香典返しそのものが無いということもあります。宗教で香典返しがどのようになっているのかも事前に調べておくと良いでしょう。また、香典返しは以前だと遺族が選んで購入するという手間の掛かる作業でしたが、最近ではサービスが充実していて、手間を省いて香典返しが準備できるようになっています。

嬉しいときのお返し

お返しは香典返しのように悲しい時だけのものではありません。結婚祝いや出産祝いなどの内祝いの際にもお返しがあります。結婚式では引き出物がおお返しに当たります。最近ですと持ち帰りが楽、好きなものをもらうことが出来るということからカタログギフトが選ばれるようになっています。カタログギフトに掲載されている品物には限りがなく、日用品のみならず飲食物も貰えるようになっています。ハガキをギフトサービス業者宛に送ることで、注文した品物が自宅に届きます。出産祝いにもカタログギフトが利用されるようになっていますので、引き出物だけでなく出産祝いで悩んでいるという場合にカタログギフトを選んでみるのも良いでしょう。